営業形態の違い|風俗求人のマイナスイメージ払拭!実は働きやすいお仕事
振り返る女性

営業形態の違い

イチゴを食べている女性

現在、新宿にある風俗求人はかなり多いです。ヘルス、イメクラ、ピンサロ、デリヘル…業種も多様化しています。ただ、新宿の風俗求人は大きく2つの種類に分けることができます。
その種類というのは店舗営業型と無店舗営業型です。それぞれ働き方の特徴や稼ぎやすさは違いますので、しっかりと営業形態の違いを知り、自分に合う方法を選びましょう。

新宿の店舗型風俗には、箱ヘル、オナクラ、ピンサロなどがあります。
こうした店舗というのは、1つの建物に受付や待機室、プレイルームがあります。1つの建物に全てが集約されているということで、移動時間がほとんどありません。そのため、無駄な時間がなく、効率的に働けます。
ただし、新宿にある店舗型風俗のプレイルームは最低限の広さと装飾、待機室は集団待機の場合も多く、環境に飽きてしまうマイナス面もあります。

新宿の無店舗型風俗にはデリヘルや風俗エステがあります。風俗エステに関しては店舗営業をしているところもあります。お客さんが希望する場所まで派遣されますので、毎回接客をする場所が変わります。そのため、いつでも新鮮な気持ちで仕事ができます。さらに、待機室は個室や自宅待機OKという求人が目立ちます。他のスタッフと顔を合わせることがないので気を使う必要もありません。
新宿の店舗型風俗の場合、遅くても0時までの営業時間と決まっていますが、無店舗であれば営業時間に決まりはありません。そのため、24時間営業をしている場合が多いです。
風俗は歩合制となっていますので移動時間はお給料が発生しません。そのため、無店舗型風俗は毎回移動するので効率的に接客することはできないというマイナス点があります。

どちらの営業形態でもメリット・デメリットがあります。
自分でどちらの求人にするか、よく考えてから応募するようにしましょう。